SSブログ
前の10件 | -

江中みのりさん「時は黙して語らない-古文書解読師・綱手正陽の考察」 [本☆☆]


時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察 (メディアワークス文庫)

時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察 (メディアワークス文庫)

  • 作者: 江中 みのり
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: 文庫



古文書解読師という魅力的な副題に惹かれて読んでみました。

古文書に傾倒し、周囲から《解読師》と呼ばれる歴史学専修の院生・綱手。研究室で見つかった古文書の返却を任じられた綱手は、瀬戸内海の小さな島を訪れる。同行者のトラブルメーカー・相馬に振り回されつつ返却を済ませた綱手だが、連続殺人事件に遭遇してしまい……。
島に伝わる『白妙姫伝説』を模した殺人、白妙姫の生まれ変わりと信奉される少女、内容が欠けた謎の手記――。
綱手は古文書を読み解き、歴史の陰に隠された真実に光を当てる。
物憂げな《解読師》が紡ぐ、古文書ミステリ!
(出版社HPより)

瀬戸内の島、島に伝わる伝説、旧家…横溝的要素がありますが、そのレベルには至らず。それは高望みというものです。

残念なのは真犯人が早めに、動機も含めてわかってしまったこと。
そして、探偵役は主人公の綱手ではありません。これも残念。
友人の相馬が探偵役ですが、綱手はその考察に深みを与えます。これが意外と新鮮でした。

単なるミステリではなく、古文書解読を通じて過去と現在を繋ぎ、島の人たちを前向きに解決するところに面白さを感じました。

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:

畠中恵さん「むすびつき」 [本☆☆]


むすびつき(新潮文庫)【しゃばけシリーズ第17弾】

むすびつき(新潮文庫)【しゃばけシリーズ第17弾】

  • 作者: 畠中恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2020/11/30
  • メディア: Kindle版




生まれ変わり、輪廻転生をテーマにしたシリーズ第17弾です。

「昔会った人」「ひと月半」「むすびつき」「くわれる」「こわいものなし」の5編が収められています。

若だんなは、前世でどんな人だった? 若に会いたい、とつぶやく玉の付喪神。見覚えがあるという貧乏神の金次は、合戦の時代に出会った“若長(わかおさ)”のことを語り始める。鈴彦姫は、縁のある神社の宮司が、一太郎に生まれ変わったのでは、と推理する。さらに、三百年前に前世の若だんなに惚れていたという麗しい鬼女まで現れ――。輪廻転生をめぐる全5話を収録、人と妖との絆が胸に沁みる第17弾。
(出版社HPより)

長くても数十年の人生の人間と、永遠ともいえる(付喪神がそうともいえませんが)命の妖たち。
そういえばそんな話もあったような気がします。
『えどさがし』でしたか。

人と妖のまじわりがはるか昔から続いていたという、輪廻転生によって再び出会うことを信じて妖たちは人の世を生きる。

なんだか切ないように思うんですが、それは人間の命の尺度だからでしょうか。

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:

垣根涼介さん「信長の原理」 [本☆☆☆]


信長の原理 上 (角川文庫)

信長の原理 上 (角川文庫)

  • 作者: 垣根 涼介
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/09/24
  • メディア: Kindle版



信長の原理 下 (角川文庫)

信長の原理 下 (角川文庫)

  • 作者: 垣根 涼介
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/09/24
  • メディア: 文庫




『光秀の定理』に続くシリーズ第2弾です。信長の半生と本能寺の変を信長の側から描きます。

何故おれは、裏切られ続けて死にゆくのか。

織田信長の飽くなき渇望。家臣たちの終わりなき焦燥。
焼けつくような思考の交錯が、ある原理を浮かび上がらせ、すべてが「本能寺の変」の真実へと集束してゆく――。
まだ見ぬ信長の内面を抉り出す、革命的歴史小説! (出版社HPより) うつけと呼ばれた少年時代から、戦いに明け暮れた青年期から壮年期までの思考の原点が幼少期に偶然観察した「働きアリの法則」の発見にあったという着眼点は面白く感じました。 確かにこれをベースに信長の生涯をこの作品で辿ってみると面白いくらい適確に符合します。 観察眼と洞察力、合理性を備えていたからという側面もあるでしょう。 ただ、信長のこの「発見」を家臣の誰もが理解できなかった(秀吉だけは理解していたフシが描かれますが)ことと、逆に「法則」に捉われるあまりに合理性を追求してしまい、佐久間親子の追放があり、光秀による本能寺の変があった、という一連の流れは無理がないように感じました。 次第に畏怖の対象となっていく信長の家臣たちと、まるで生き物のように信長を絡めとるような「法則」が濃密に描かれていました。
nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:

吉田修一さん「ウォーターゲーム」 [本☆☆☆]


ウォーターゲーム (幻冬舎文庫)

ウォーターゲーム (幻冬舎文庫)

  • 作者: 吉田修一
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2020/08/06
  • メディア: Kindle版



鷹野一彦シリーズ第3弾です。えー、完結編?

考えるんだ。 たとえ1%でも、可能性があるなら。 晩秋の夜、突如ダムが決壊し、濁流が町を飲み込んだ。 死者97名、行方不明者50名を超える大惨事。 新聞記者の九条麻衣子は、被害を取材するうちに、決壊が事故ではなく大規模な犯罪である可能性に気づき、その夜に町を抜け出した土木作業員の男を探し始める。 一方その事件の陰で、AN通信の鷹野一彦とその部下・田岡は、ダム爆破計画を阻止するべく奔走していた。水道事業の民営化に金の匂いを嗅ぎ取った代議士や国内外の企業によるテロ計画の一部だったが、いつのまにか計画の全てが盗まれ、首謀者が正体不明の人物に入れ替わっていた!? 情報が錯綜し、混乱を極めるなか、九条麻衣子と若宮真司の出会いが、世間を揺るがす大スクープを生み出すことに……。 敵か味方か、嘘か真実か、善か悪か——!? 金の匂いに敏感な男女が、裏切りあい、騙し合いながら、真っ暗闇の“今"を駆け抜ける!
(出版社HPより)

事件のきっかけになった水道事業の民営化については実際に自治体で検討されているようですが、その是非はスルーして、利権とカネが絡んだ末に起こされる連続ダム爆破計画を阻止すべく鷹野と田岡はトム・クルーズばりのアクションを見せます。(ちょっと大げさ)
これぞエンタメというシーンでした。

この事件をきっかけにして主に環太平洋を駆け巡る取り引き、裏切り、駆け引きが展開されます。

一方で新聞記者がAN通信の実像を暴こうとするサイドストーリイが並行します。

風間、AYAKO、デイヴィッドという脇を固めるキャラクターも魅力的です。
なかでもAYAKOは敵なのか味方なのか、本心を悟られずに変幻自在に立ち位置を変えるさまが物語をかき回す役割をこなしています。

更にはテロ計画の首謀者の正体が明らかになるくだりでは、吉田さんのストーリイテラーぶりが発揮されたと思います。

シリーズ続編を希望します。

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:

大山 誠一郎さん「アリバイ崩し承ります」 [本☆☆]


アリバイ崩し承ります (実業之日本社文庫)

アリバイ崩し承ります (実業之日本社文庫)

  • 作者: 大山誠一郎
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2019/11/25
  • メディア: 文庫



テレビドラマの原作と知り、読んでみました。キャラクター設定や時乃の扱いはドラマのほうがいいですね。

「時計屋探偵とストーカーのアリバイ」「時計屋探偵と凶器のアリバイ」「時計屋探偵と死者のアリバイ」「時計屋探偵と失われたアリバイ」「時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ」「時計屋探偵と山荘のアリバイ」「時計屋探偵とダウンロードのアリバイ」の7編が収められています。

美谷時計店には、「時計修理承ります」だけでなく「アリバイ崩し承ります」という貼り紙がある。「時計にまつわるご依頼は何でも承る」のだという。難事件に頭を悩ませる捜査一課の新米刑事は、アリバイ崩しを依頼する。ストーカーと化した元夫のアリバイ、郵便ポストに投函された拳銃のアリバイ、山荘の時計台で起きた殺人のアリバイ…7つの事件や謎に、店主の美谷時乃が挑む。あなたはこの謎を解き明かせるか?
(「BOOK」データベースより)

「時計にまつわるご依頼は何でも承る」という祖父のポリシーを受け継いだ美谷時乃が、ひょんなことから美谷時計店とアリバイ崩しを知った新米刑事が持ち込む様々な難事件を解き明かします。

ミステリですので、あくまで「アリバイ崩し」がメインです。

新米刑事の「僕」が捜査情報を一般人に明かしてしまうという公務員倫理規程違反に悩みながらも迷宮入りしかけた事件を解決すべく時乃に「アリバイ崩し」ときには「アリバイ探し」を持ち込みます。
事件の経緯の説明で5分の4ほどのボリュームを使い、時乃が2行で解決、残りはエピローグです。

「アリバイ崩し」をパズル遊びと捉えればこの展開でもいいと思うんですが、物語を楽しみたいので個人的にはもう少し人を描いてほしいなと思います。
(その意味ではドラマのほうが人物造形はしっかりしていたかなと思います)

続編もあるようなので期待します。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:

キーコーヒーさんから株主優待をいただきました 2021春 [株主優待]

ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]

株を200株にしたので2,000円相当の詰め合わせをいただきました。

b01_195142.jpg

フェアトレードコーヒー、トラジャブレンド、カフェオレベース(希釈用)、香味まろやか水出し珈琲、株主限定ブレンドコーヒーの5つです。

今回はなんだかいいぞ。

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

五十嵐貴久さん「波濤の城」 [本☆☆]


波濤の城 (祥伝社文庫)

波濤の城 (祥伝社文庫)

  • 作者: 五十嵐貴久
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2020/10/15
  • メディア: 文庫



消防士・神谷夏美シリーズ第2弾です。第1弾ほど縦横無尽な活躍はないです。

“神戸発釜山行き、豪華客船レインボー号で行く魅惑のショートクルーズ”―五日間の休暇がとれた銀座第一消防署の消防士・神谷夏美と柳雅代は、贅沢な船旅を張り込んだ。全長三百メートル、十一階建ての威容に圧倒されるも、非常設備の不備や通路の狭さなどに不安を覚える。一方、船長の山野辺は、経営難の会社から、種子島にカジノを誘致する計画の第一人者・民自党の石倉代議士を接待し、新航路を獲得するよう厳命されていた。山野辺は、支援者のために洋上で花火を打ち上げたいという石倉の希望に添うべく種子島沖へ航路を変更。だが、数時間後、異音と共に排水が逆流し船が傾斜。その上、南洋にあった巨大台風が大きく進路を変え、後方に迫り始めていた…。21世紀の『ポセイドン・アドベンチャー』、ここに誕生!
(出版社HPより)

超高層ビルの次は巨大な豪華客船が舞台です。

エンジン故障から巨大台風が近づきつつある海に漂流する豪華客船、更には火災が発生して━━という逃げ場のないシチュエーションに主人公の消防士の神谷夏美が遭遇します。ただ、今回は頼りになる消防士仲間は上司の柳雅代だけ。

とはいうものの、船には救助ボートというものがあるわけで、まあ、それもxx(自粛)

因果応報というキャラが少ないせいもあり、カタルシスを感じることはありませんでした。(前作は欲望むき出しキャラが多くて変に酔いそうだったけれど)

システムや自分の経験への過信、しがらみに囚われた柔軟性にかける判断というのは自戒の念を強くしました。

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:

ビックカメラさんから株主優待をいただきました 2021春 [株主優待]

ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]

b01_180522.jpg

さて、なにを買おうかな。

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

森絵都さん「出会いなおし」 [本☆☆]


出会いなおし (文春文庫)

出会いなおし (文春文庫)

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2020/04/17
  • メディア: Kindle版



久しぶりに森絵都さんの作品を読みました。「らしい」としかいいようのない短編集です。

「出会いなおし」「カブとセロリの塩昆布サラダ」「ママ」「むすびめ」「テールライト」「青空」の6編が収められています。

イラストレーターの時子は、かつて共に仕事をした編集者のナリキヨさんから、仕事の依頼をふたたび受ける。年を重ねて時子が得た感慨とは(「出会いなおし」)。ほろ苦い思い出のある小学校の同窓会に出て知る、意外な事実(「むすびめ」)。人々の出会いと別れ、そして再会を描く珠玉の六篇をおさめた短篇集。
(「BOOK」データベースより)

「人との出会い」をテーマにした様々なシチュエーションでの短編集です。

年を空けての仕事の依頼で何度も「再会」するイラストレーターと編集者、デパ地下のサラダを巡っての中年主婦の孤独な戦い、小学校の頃の苦い思い出を引きずったまま同窓会に出席した主人公、など簡単に「出会い」といってもいろいろな切り口があるんだな、と思いました。

いろんな味わいのできる短編集でした。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:

大塚ホールディングスさんから株主優待をいただきました 2021年春 [株主優待]

ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]

b01_624525.jpg

ドリンクやレトルトカレーなどの詰め合わせセットです。
毎回楽しみにしています。

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -