So-net無料ブログ作成

朝吹真理子さん「流跡」 [本☆☆]


流跡 (新潮文庫)

流跡 (新潮文庫)

  • 作者: 朝吹 真理子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/05/28
  • メディア: 文庫



想像力の奔流になすすべもなく一気読みしました。

表題作と短編「家路」が収められています。

ヒト、密書、スーツケース。夜な夜な「よからぬもの」を運ぶ舟頭。雨上がりの水たまりに煙突を視る会社員。漂着した島で船に乗り遅れる女。私はどうしてここにいるのか。女房を殺したような、子どもの発話が遅れているような、金魚が街に溢れている、ような――。流転する言葉をありのままに描き、読み手へと差し出した鮮烈のデビュー作。芥川賞受賞前夜の短篇「家路」を同時収録。
(出版社HPより)

ストーリイらしいストーリイはありません。
夢のような、幻想のようなシーンが次々と現れては消えていきます。

面喰うと同時にその流れに引きずり込まれていきます。
「なんじゃこりゃ」と思うのと同時に言葉のひとつひとつが安易で適切で、時に意表を衝く選択で、たまに想像すらしていなかった表現で情景が描かれます。

ただただ流されるだけの物語でした。
そして、頭が疲れた…。

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。