So-net無料ブログ作成

東川篤哉さん「ライオンの歌が聞こえる 平塚おんな探偵の事件簿2」 [本☆☆]


ライオンの歌が聞こえる 平塚おんな探偵の事件簿2 (祥伝社文庫)

ライオンの歌が聞こえる 平塚おんな探偵の事件簿2 (祥伝社文庫)

  • 作者: 東川篤哉
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2018/07/12
  • メディア: 文庫



生野エルザ シリーズ第2弾です。
エルザと美伽のコンビに磨きがかかっています。

「亀とライオン」「轢き逃げは珈琲の香り」「首吊り死体と南京錠の謎」「消えたフィアットを捜して」の4編が収められています。

“雌ライオン”こと名探偵・生野エルザと猛獣使いの助手・川島美伽のもとには日夜、風変わりな依頼が舞い込む。ある日、地元の女子大生から“恋人の聖地”で元彼と永遠の愛を誓って鍵をかけた南京錠を外してほしいと頼まれる。二人は任務を遂行するが、後日彼女は密室状態の部室で首を吊って死んでいて…!?(「首吊り死体と南京錠の謎」)湘南の片隅で本格推理が光る、ガールズ探偵ミステリー!
(「BOOK」データベースより)

東川さんらしいバカミスです。おバカではあるんですが、しっかりミステリしているので読んでいて気が抜けません。
今回も謎解きを楽しみました。

ただ、「消えたフィアットを捜して」については早くにトリックがわかってしまいました。
ま、そういうこともありますよね。

烏賊川市シリーズに比べるとキャラが弱いかな、と思います。
おバカでスイッチが入ると鋭い探偵と、振り回され系の助手に、お間抜けな刑事という組み合わせは同じなんですが、鵜飼探偵ほど突き抜けた感がないのがそう思うのかもしれません。

とはいえ、続編も楽しみです。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:

樋口有介さん「遠い国からきた少年」 [本☆☆]


遠い国からきた少年 (中公文庫)

遠い国からきた少年 (中公文庫)

  • 作者: 樋口 有介
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/04/20
  • メディア: 文庫



「風町サエ」シリーズ第2弾です。
『笑う少年』を文庫時に改題したそうです。
うーん、『笑う少年』のほうがよかったかな。

法律事務所で調査員として働く風町サエは、服役経験のあるシングルマザー。今回の依頼者は、アイドル候補生が店員の安売りピザ店で大儲けをした男。自殺した少女の両親から要求された一億二千万円の賠償金を減額させたいという。調査を進めるうち、ある人の過去にも迫っていくことになったサエは―。
(「BOOK」データベースより)

「オースペ」というアイドルグループがどうしても某グループを思い出します。
まあ、ビジネスモデルとしては「オースペ」のほうがえげつないんですが。

小田崎貢司の依頼を受けて調査に乗り出した風町サエは、別の依頼で小田崎貢司の過去を探ることになります。
ところが、小田崎貢司は得体の知れない男でサエに尻尾を掴ませません。

僅かな手掛かりを辿って、長崎の五島列島で真相に辿り着きますが…。

サエの語り口が樋口さん作品ならではのハードボイルドになっています。
今回も曲者揃いの登場人物たちを向こうに回してサエが活躍します。

決してすっきりとする結末ではありませんが、妥当な落としどころなんだろうな。

合間合間に登場する溺愛する一人息子との遣り取りがほっとします。

次回作も楽しみです。

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:

TOKAIホールディングスさんから株主優待商品が届きました 2019年夏 [株主優待]

株主優待品の商品選択をしていたのですが、その商品が届きました。
ありがとうございます。

ミネラルウォーター500ml×12本です。

b01_205901.jpg

備蓄用です。
昨年いただいた分は冷やして美味しく飲んでいます。
nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乾緑郎さん「機巧のイヴ: 新世界覚醒篇」 [本☆☆]


機巧のイヴ: 新世界覚醒篇 (新潮文庫)

機巧のイヴ: 新世界覚醒篇 (新潮文庫)

  • 作者: 乾 緑郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: 文庫



シリーズ第2弾です。100年後の新大陸に舞台を移して機巧人形の伊武を巡る騒動が描かれます。

「あなたは、どなた?」少年が彼女の冷たい体を抱きしめるとき、運命の歯車が廻り始める――。1892年、万博開催を翌年に控え、空前の賑わいを見せる新世界大陸(ムンドゥス・ノーヴス)の都市・ゴダム。万博の利権を巡る人々の争いが繰り広げられる夜、パビリオン「十三層」の頂上で、機巧人形(オートマタ)・伊武(イヴ)が永の眠りから目覚めた。機巧と人間。本当の“心”を持つ者は誰か? 未曾有の世界に魂が震えるSF伝奇小説の傑作!
(出版社HPより)

日本を模した日下國から舞台を新大陸のゴダム(アメリカのシカゴ?)に移しています。
前作に比べると、多少のスケール感はあるものの、SF━特にスチーム・パンクとしての面白さは半減したように思いました。
その意味では前作からの期待感がしぼんでしまいます。

また、前作は人間が伊武に寄せる想いとは対照的に伊武はあくまで機巧人形だったものが、なんだか妙に人間臭くなってしまって、進化なのかもしれませんが、物足りなさを覚えました。

伊武が主人公というよりは、伊武を巡る争奪戦が描かれます。古き良き探偵小説で活劇とでもいいましょうか。ただ、そちらはスケール感は感じませんでした。

次作があるような結末です。1892年の100年後は…。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:

クルミドコーヒーのコーヒーとスイーツ [お店]

西国分寺駅で下車してクルミドコーヒーでお茶をしました。

https://ameblo.jp/kurumed/

b02_815354.jpg

珈琲が来るのを待っている間にテーブルに「おひとつどうぞとあった」信州産のくるみをいただきます。

b02_815347.jpg
b02_815514.jpg
b02_815540.jpg
b02_815612.jpg

「くるみ割り人形」の顔をデザインしたロゴ
b02_820608.jpg

深煎り珈琲とレアチーズケーキ。

b02_920933.jpg

深煎りらしい苦みとほのかな酸味のバランスがいいです。割と好みな味です。
レアチーズケーキは成型(?)しないもので、そのまま食べるとチーズの酸味が美味しいです。ナッツと蜂蜜レモンをかけると食感や風味が変わって二度美味しいです。


朝のマグ珈琲(浅煎り珈琲)とブルーベリーのケーキ。

b02_921002.jpg

浅煎りコーヒーらしい酸味と後味でほのかな苦みとコクですっきりします。ミルクを入れるとコクが増します。
ブルーベリーのケーキは酸味のあるブルーベリーとくどくないクリーム、しっかりとしたスポンジ生地を一緒に食べるとそれぞれの特徴や食感が味わえて美味しいです。


こんなお店があるなんて近所の人は幸せだなあ。

ご馳走様でした。

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば 青葉の中華そば [お店]

大國魂神社から府中本町駅へ戻る途中にあった中華そば 青葉で中華そばをいただきました。

https://www.nakano-aoba.jp/

b01_711149.jpg

動物系のダシ(たぶん豚骨)の濁りとコク、魚介系のダシの風味が美味しいです。
麺に絡んだスープはくどくなく、それでいてコクと旨みがあります。

なにより、チャーシューが美味しいです。ほろっと崩れる、しっかり味のついたお肉は追加したいくらいです。

ご馳走様でした。

nice!(22)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

大國魂神社へ参拝

西暦111年創建と伝えられる武蔵国の総社でもある大國魂神社へ参拝しました。

https://www.ookunitamajinja.or.jp/

JR府中駅下車のほうが参道直結ですが、駅から近いということで府中本町駅から行ったので、参道脇から入ってしまった[あせあせ(飛び散る汗)]

b01_002908.jpg

b01_003105.jpg

b01_104058.jpg

b01_114023.jpg

住宅地の中にあるのですが、緑が多くてゆったりとした境内は憩いの場になっているようです。

b01_123838.jpg

お邪魔しました。

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恩田 陸さん「ブラック・ベルベット」 [本☆☆]


ブラック・ベルベット (双葉文庫)

ブラック・ベルベット (双葉文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2018/06/13
  • メディア: 文庫



『MAZE』『クレオパトラの夢』に続く神原恵弥シリーズです。ウイルスハンターとかプラントハンターってドキドキします。
しかし、「T共和国のイスタンブール」って、ぼやかす必要あるの?

外資製薬会社に身を置く凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。
ある博士の捜索を依頼されてT共和国にやってきたが、博士は殺されてしまう。
一方、この国では全身を黒い苔で覆われて死んだ人間がいるらしい。
ビジネスで滞在中のかつての恋人・橘は不穏な行動を見せる。
恵弥が想像だにしない、これらの背景に存在するものとは――?
(出版社HPより)

イスタンブールからアンカラ、カッパドキア、エフェソス遺跡などT共和国(^^;)の観光を織り込みつつ、都市伝説ともいわれる奇跡の鎮痛剤〈D・F〉を巡る噂、消息を絶った女性研究者、更には同級生で恵弥がT共和国を訪れるきっかけを作った多田の事故の連絡など謎が盛りだくさんです。

相変わらずの女言葉(女性ばかりの家庭環境のせい)でシリアスな場面でもゆるーく感じてしまいます。
けれども、その裏で頭脳明晰さで窮地を切り抜ける算段をしているわけで、物語として面白いです。

回収しきれない伏線や、もやもやした疑問なんかが残り、結末も「え?」というものですが、そこは恩田さんなので…。

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:

樋口有介さん「海泡」 [本☆☆☆]


海泡 (創元推理文庫)

海泡 (創元推理文庫)

  • 作者: 樋口 有介
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/06/11
  • メディア: 文庫



樋口さんらしさ満載です。夏、故郷、ミステリ。

大学の夏休みに、洋介は2年ぶりに小笠原へ帰省した。難病に苦しむ初恋の女性に会うのに忍びなく、帰りにくかったのだ。竹芝からフェリーで26時間、平和で退屈なはずの島では、かつての同級生がストーキングされていると噂が立ち、島一番の秀才は不可思議な言葉を呟く。やがて続けざまに起こった二つの事件。常夏の島を舞台に、伸びやかに描いた青春ミステリを大幅改稿で贈る。
(出版社HPより)

小笠原諸島の父島が舞台です。行ってみたい場所ですが、船で26時間となかなか気軽に行ける場所でもなく。

夏休みの父島は観光客に短期のアルバイトに帰省客、そして皆が顔馴染みの島民でごった返しています。
そんな島の気怠さや刹那さが伝わってくるようでした。

物語は樋口さん作品のテンプレート、といっても過言ではないものです。
里帰りした主人公の洋介が幼馴染と再会するうち、洋介と同じように東京に出ていた和希が展望台から転落死します。更に犯人と思われていた和希をストーカーしていたという男も殺されます。
閉ざされた島で洋介は真犯人を探します。

斜に構えた物言いなのに、なぜかモテる主人公という設定もお馴染みです。屈託を抱えた雰囲気のせいでしょうか。

南国をイメージさせる開放的な空気と奔放さと、対照的に閉鎖的な社会が生み出す重苦しさのギャップがいいです。

タイトルに込められた意味がなかなか深いものがありました。

nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:

辻利兵衛本店の抹茶スイーツ [お店]

http://www.tsujirihei.co.jp/lineup/

白玉入り宇治抹茶 生ぜりー。

b01_090104.jpg

b01_090242.jpg

抹茶の苦みと餡の甘さと白玉のもっちりした食感のバランスがいいですね。
濃厚宇治抹茶ソースをかけると更に抹茶感がアップします。

宇治抹茶生どら焼き 童仙房。

b01_090127.jpg

b01_094934.jpg

抹茶クリームと小豆がサンドされています。
もっちりしたどら焼きの皮と小豆のほろっとした食感と抹茶クリームの苦みと甘みが混然となって美味しいです。

ご馳走様でした。

nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理